スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 264冊目 螺鈿迷宮(下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。


螺鈿迷宮 下
海堂 尊
4043909020
角川文庫 225頁


内容(「BOOK」データベースより)
医学生・天馬大吉が潜入した不審死の続く桜宮病院に、奇妙な皮膚科の医者がやって来た。その名も白鳥。彼こそ、“氷姫”こと姫宮と共に病院の闇を暴くべく厚生労働省から送り込まれた“刺客”だった。だが、院長の桜宮巌雄とその双子の娘姉妹は、白鳥さえ予測のつかない罠を仕掛けていた…。終末医療の先端施設に隠された光と影。果たして、天馬と白鳥がそこで見たものとは?現役医師が描く、傑作医療ミステリー。



感想
面白かったです。
堪能できました。

今回、白鳥にいつもの切れがなかったような?
映画、ドラマ、小説とそれぞれ白鳥のイメージが違うので
混乱してるのだろうか?

それと一つ疑問が?

生き残ったのは本当にすみれ?
最後のセリフは小百合の専売特許なのだが?・・・

続編を待ってるぞ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。