スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 268冊目 ボーダーライン 

JRTパパの本棚に1冊追加。


ボーダーライン
真保 裕一
4087474518
集英社文庫 577頁




内容(「BOOK」データベースより)
ロサンゼルスの日系企業で働く探偵のサム永岡は、一人の若者を探すように命じられた。国境に近い町で見つけた彼は、天使のような笑顔を見せながらいきなり発砲してきた―。人としての境界を越えた者と、そんな息子の罪を贖おうとする父親。ふたりにかかわった永岡もまた、内なるボーダーラインを見つめる…。重層的なテーマが響く傑作長篇。


感想
面白かったです。

まあ、とんでもないモンスターがいたもんだ。
でも、ちょっとリアリティがないかな?

彼女が消えたのはそういうわけだったのね。
まったく読み取れなかった・・・なるほどね。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。