スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 277冊目 顔のない敵 

JRTパパの本棚に1冊追加。

顔のない敵
石持 浅海
433474527X
光文社文庫 273頁


内容(「BOOK」データベースより)
一九九三年、カンボジア。NGOのスタッフが地雷除去作業をつづける荒れ地に、突然の爆発音が轟いた。立入禁止区域に、誰かが踏み入ったのだ。頭部を半分吹き飛ばされた無惨な死体。これは、純然たる事故なのか、それとも―。表題作のほか、本格の旗手・石持浅海の原点ともいうべき「対人地雷」ミステリー全六編と、処女作短編で編まれた第一短編集が待望の文庫化。



感想
面白かったです。
楽しめました。

地雷を題材にした連作っぽい短編6作品と
処女短編1作品の計7作品です。

石持作品は推理を楽しむという大前提があるので
話の設定とかで「これはちょっと?」とか
考えないようにしています(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。