スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 293冊目 楽園(上) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

楽園〈上〉
宮部 みゆき
4163262407
文藝春秋 413頁



内容(「BOOK」データベースより)
「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、それを絵に描いていたという―。


感想
図書館で借りました。

めちゃ面白かったです。
堪能できました。

『模倣犯』から9年後のお話。
フリーライターの前畑滋子が主人公です。

さすが宮部作品、描写が細かく、情景が目に浮かぶようです。

ピースのその後も時々出てきて、ファンには堪りません。

宮部作品お得意のちょっとSFっぽい感もあり、
また、上巻を読んだだけではなぜ題名が『楽園』なのかさっぱりわかりませんが、
それらの謎解きも含めて下巻をしっかりと読みたいと思います。

あ~~、楽しみ^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。