スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 294冊目 楽園(下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

楽園 下
宮部 みゆき
4163263608
文藝春秋 357頁 


内容(「BOOK」データベースより)
土井崎夫妻がなぜ、長女・茜を殺さねばならなかったのかを調べていた滋子は、夫妻が娘を殺害後、何者かによって脅迫されていたのではないか?と推理する。さらには茜と当時付き合っていた男の存在が浮かび上がる。新たなる拉致事件も勃発し、様々な事実がやがて一つの大きな奔流となって、物語は驚愕の結末を迎える。


感想
面白かったです。
堪能できました。

今日は切りのいいところまでと思っていたのに途中でやめられず
気が付いたら一気に読んでいました。さすが宮部作品(笑)

重い内容でしたが、滋子たちが癒されたようにおいらも敏子さんには癒されました。

なぜ『楽園』という題名なのかは、
分かったようなわからないような・・・

考えさせられました。


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。