スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 296冊目 九杯目には早すぎる 

JRTパパの本棚に1冊追加。

九杯目には早すぎる
蒼井 上鷹
4575512605
双葉文庫 312頁




内容(「BOOK」データベースより)
休日に上司と遭遇、無理やり酒に付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が―(小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」)。などなど、運の悪い男が不幸な目に遭う見本市のような、憐れにも可笑しい、上質のミステリー九編。「小物のセコさを書かせたら抜群にうまい」と評される著者の腕に酔い、大失敗のドキドキをご一緒にいかが。



感想
面白かったです。

9作品。
5短篇と4掌編。短篇より短いのを掌編(しょうへん)と言うんだそうです。
勉強になりました(笑)

どの作品もいい味出してます。
『キリングタイム』が良かったかな?
でも本音を言わせてもらえばもう少し長い話がいいな・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。