スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 302冊目 流星の絆 

JRTパパの本棚に1冊追加。

流星の絆
東野 圭吾
4062145901
講談社 482頁




内容(「BOOK」データベースより)
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。




娘が友達から借りてたので、ちょっと貸してもらって一気に読みました。

感想
面白かったです。
サクサク読めました。

が、え~っ、こいつが犯人?と言うのが率直な感想です。
想像もつかなかったけどちょっと動機が弱くねェ?
まあ、文句言ってもしょうがないけど。

ラストシーンはちょっとこそばゆい感じでよかったです。


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。