スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 308冊目 日暮らし(下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

日暮らし 下
宮部 みゆき
4062127377
374頁 講談社



内容(「BOOK」データベースより)
「過去の嘘と隠し事」の目くらましに、迷って悩む平四郎。夜ごとの悪夢でおねしょをしても、必死に「謎」と向き合う弓之助。


感想
めちゃ面白かったです。
おおいに堪能できました。

久々に余韻が残るいいお話でした。

宮部作品の好きな所の一つに描写のすごさがあります。
今回、360ページにある晴香のまなざしの描写、

『睨むではなく、怨むでもない。それがそこにあることを知っていながら、それが自分を執念深く尾けまわしていることも承知していながら、長いこと逃げて、除けて、目を背けてきたものに、今ようやく向き合って、挑みかかるかのような目つき。』

いったいどんな目つきだよ?
と突っ込みたくなるくらいかっこよくてしびれます(笑)

ラストの披露宴での平四郎の驚きもニヤッとできました。


できたらまだまだ続きを書いて欲しいです。
弓之助やおでこのその後も読みたいです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。