スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 310冊目 蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾 

JRTパパの本棚に1冊追加。

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾
堂場 瞬一
4122051169
中公文庫 474頁



内容(「BOOK」データベースより)
行方不明者を捜す専門部署として、警視庁に設立された失踪人捜査課―実態は厄介者が寄せ集められたお荷物部署。ある事件により全てを失い酒浸りになった刑事・高城賢吾が配属される。着任早々、結婚を間近に控え、なぜか失踪した青年の事件が持ちこまれるが…。待望の新シリーズ、書き下ろしで登場。


感想
面白かったです。

新シリーズ。連続ドラマの第1話と言った感じ。
第2話以降でいろんな過去が少しずつ明かされていくのでしょう。
鳴沢とはタイプは違うみたいだけど、なんかダブっちゃう(笑)

ちなみに失踪課っていうのは本当にあるの?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。