スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 335冊目 街の灯 

JRTパパの本棚に1冊追加。

街の灯
4163215700
文藝春秋



内容(「BOOK」データベースより)
昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英子の兄を悩ませる暗号の謎「銀座八丁」、映写会上映中の同席者の死を推理する「街の灯」の三篇を収録。



感想
直木賞作品『鷺と雪』が3部作で
この『街の灯』が1作目ということを知って、
図書館で借りました。

ぼちぼち面白かったです。
日常の謎の元祖による作品ってところかな。

次作以降でベッキーさんの素性もおいおい明らかになってくるのだろうか?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。