スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 342冊目 赤い指 

JRTパパの本棚に1冊追加。

赤い指
406276444X
講談社文庫 306頁



内容(「BOOK」データベースより)
少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。


感想
面白かったです。

子を思う親の気持ちは人それぞれ・・・
夫婦の絆も人それぞれ・・・。

事件での政恵の行動は見抜けませんでした。
隆正と恭一郎の絆にはグッと来るものがありました。


加賀恭一郎シリーズはまだ読んだことないので
早速図書館を利用して読破しようと思います^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。