スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 347冊目 パンドラ・アイランド 

JRTパパの本棚に1冊追加。

パンドラ・アイランド
4198618682
徳間書店 530頁


内容(「BOOK」データベースより)
南海の孤島で“保安官”として平穏に暮らすことを望んだ元刑事・高州。だが、一人の老人の死をきっかけに、キナ臭い秘密が浮かび上がる…。島の人間が守ろうとする“秘密”とは。



感想
面白かったです。

大沢作品といえば『新宿鮫』シリーズですが、
これは、同じ警察ものですが中身はまったく違います。
でも、読んでると主人公が鮫島っぽく感じるのは、
やっぱ大沢作品=鮫島のイメージが強すぎるからでしょうか?

なかなか大胆な設定で、話も二転三転して読み応えがありました。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。