スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 354冊目 ソウルケイジ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ソウルケイジ
4334925421
光文社 405頁



内容(「BOOK」データベースより)
多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された!姫川玲子たち捜査一課殺人犯捜査係の刑事たちは、所轄と組んで捜査にあたる。しかし、手首の持ち主と思しき男の周辺を調べていくうちに、つぎつぎと意外な事実が浮かび上がって…。進境著しい俊英・誉田哲也が渾身の力をこめて描く、丹念に積み上げられた捜査小説にして、胸をうつ犯罪小説の白眉。



感想
姫川シリーズ第2弾。
面白かったです。
なかなか読み応えがありました。

ストロベリーナイトほどグロくはなく、ホッとしました。

犯人がはじめに出てたなんて、
ある意味本格推理小説みたいで
思わずページを戻して読み直してしまいました。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。