スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 373冊目 ぐるぐる猿と歌う鳥 

JRTパパの本棚に1冊追加。


ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
4062705834
講談社 310頁



内容(「BOOK」データベースより)
五年生に進級する春、森は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、先生どころかクラスメイトのほとんど誰も残念がってはくれなかった。そんな森だったが、引越し先の社宅の子どもたち―ココちゃん、あや、竹本兄弟、パックとは不思議に気があった。彼らは森をまるごと受け入れてくれた。しかし森は次第に感じていた。この社宅には何か秘密がある。もしくは謎が…。



感想
これは一応児童書扱いなのね?
でも、おじさんが読んでも十分面白かったです。
楽しめました。

パックの位置づけがよくわからなかったんだけど、
まあ、深く考えないことにしましょう。

子供にも読ませて、感想を聞いてみたいです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。