スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 374冊目 越境捜査 

JRTパパの本棚に1冊追加。

越境捜査
4575235881
双葉社 475頁


内容(「BOOK」データベースより)
警視庁捜査一課の鷺沼は、迷宮入り事件のファイルを開いた。14年前、12億円をだまし取った男が金とともに消され、犯人も金も行方不明のまま。再捜査開始。鷺沼は12億円の行き先をつかむ。神奈川県警―。しかし、それだけではなかった。大薮春彦賞作家が組織に闘いを挑む男たちを描いた長編警察小説。



感想
面白かったです。
読み応えがありました。

読み終わった直後の正直な感想は
「おいおい、いいのかよ」(笑)

ヤクザとつるむあたりからちょっと違和感がでてきて、
最後はちょっとあっけなさすぎるような気もしないでもないけど・・

楽しめました^^



p.s 
このブログを書いてる時に、「越境捜査2 挑発」が近日発売ということを( ̄ー『+』)発見!!
鷺沼、宮野コンビがまた活躍するそうです。
楽しみだ^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。