スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 382冊目 心臓と左手 

JRTパパの本棚に1冊追加。

心臓と左手 座間味くんの推理
4334076610
光文社 264頁


内容(「BOOK」データベースより)
小学校六年生の玉城聖子は、十一年前に沖縄で起こったハイジャック事件の人質だった。従姉の勧めで沖縄にある進学校を見学に行った聖子は、那覇空港で命の恩人と「再会」を果たす。そこで明かされる思わぬ事実とは―?(「再会」)。警視庁の大迫警視が、あのハイジャック事件で知り合った“座間味くん”と酒を酌み交わすとき、終わったはずの事件はがらりと姿を変える。これが、本格ミステリの快楽だ!切れ味抜群の七編を収録。


感想
短篇集。7作品あります。

面白かったです。

『月の扉』の座間味くんが、論理的に推理してくれます。
でも、『月の扉』ってもう、あんまり憶えてないのよね (;´д`)トホホ
だから、座間味くんもうっすらとしか覚えてない・・・

論理的な推理は好きなんだけど、最後の方はちょっとキレがなくなってきたかな?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。