スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 385冊目 長き雨の烙印 

JRTパパの本棚に1冊追加。


長き雨の烙印
4120038920
中央公論社 410頁



内容(「BOOK」データベースより)
殺人事件の犯人として連行される親友の庄司を、学生の伊達はただ見送るしかなかった。県警捜査一課で中堅の刑事となった今、服役を終えた庄司が冤罪を申し立てた。しかし、その直後に再び似通った手口の女児暴行事件が起きる。伊達は20年前のある記憶を胸に、かつて庄司を逮捕したベテラン刑事・脇坂と対立しながらも、捜査にあたるが―。



感想
面白かったです。
楽しめました。

一気に読めて面白かったんだけど、ふと考えると
物足りないというか、腑に落ちないというか・・・そんなところがチラホラ。
もっとしっかり掘り下げて書いて欲しかったかな?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。