スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 386冊目 魔物(上) 

JRTパパの本棚に1冊追加。


魔物〈上〉
4048737678
角川書店 361頁



内容(「BOOK」データベースより)
北海道の麻薬取締官・大塚に、ロシアと地元やくざとの麻薬取引の情報が入る。現場を押さえるため万全の態勢で臨む大塚。だが、ブツは押収したものの、麻薬の運び屋であるロシア人を取り逃がしてしまう。ロシア人は、銃撃による重傷を負いながらも、警官数名を素手で殺害し、町へ消えてしまった。あり得ない現実に、新種の薬物を摂取している可能性が考えられたが、犯人は逃走する際に一枚の絵を大事に抱えていたという。この絵は一体何なのか?大塚はロシア人ホステス・ジャンナの力を借り、それがロシアの教会で百年にわたり封印されていたイコンであることを知る…。



感想
面白かったです。
ハラハラドキドキです。

しかし、なんといっても一番嬉しかったのは
P52の「新宿署の刑事と組み」と言うくだり。
主人公の上司、塔下の説明なんだけど・・・
塔下?新宿署の刑事??
ネットで検索すると案の定、d(*⌒▽⌒*)b ニコ
なんか嬉しいつながりでした^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。