スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 393冊目 蒼の悔恨 

JRTパパの本棚に1冊追加。


蒼の悔恨
4569691633
PHP研究所 428頁



出版社/著者からの内容紹介
過去が過去になるのはいつからだろう----。
雨の横浜----連続殺人犯を追って、神奈川県警捜査一課・真崎薫の孤独な戦い
が始まる!
連続殺人犯・青井猛郎を追い詰めた真崎だったが、コンビを組んだ赤澤奈津をか
ばった一瞬の隙をつかれ深手を負い青井の逃走を許してしまう。手がかりのない
まま一カ月が経ち、退院した真崎は、捜査に復帰を願うも、担当からははずされ
ており、休暇を命じられる。
ならばと、独自に捜査を開始した真崎だったが......。
真崎、赤澤、青井、三人のそれぞれの過去が明らかになるにつれ、複雑に
絡み合った事件の真相も明らかになっていく。人間にとって「過去」とは、そ
の人が生きていくうえでどんな意味を持つのか? 「過去」を「過去」として受
け入れ、魂のやすらぎを得られる日は訪れるのか? 読む者の心に強烈に先の
命題を突きつけるハードボイルド・エンタテインメント。


感想
面白かったです。
ハラハラドキドキ、ハードボイルドです。

が、この終わり方は何だ??
青井は本当に死んだのか?

続編があるみたいだけど、早く読んでみたいぞ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。