スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 394冊目 浦島太郎の真相 

JRTパパの本棚に1冊追加。

浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話
4334076548
光文社 231頁




内容(「BOOK」データベースより)
ここは「森へ抜ける道」という名の日本酒バー。常連の僕・工藤と山内、マスター・島の「ヤクドシトリオ」は、今夜も益体もない話に花を咲かせている。私立探偵である僕が、どうしても謎が解けない殺人事件のことを話すと(というか、山内とマスターが勝手に話してしまうのだ)、同じく常連の美人大学院生・桜川東子さんは、上品にグラスを傾けながら、なぜか日本のお伽話になぞらえて鮮やかな推理を展開する―驚嘆、そして思わず納得。『九つの殺人メルヘン』に続く、珠玉のバーミステリー。



感想
ボチボチ面白かったです。

短篇集。8作品あります。
昔のテレビ番組やラジオ、プロ野球の助っ人外国人等の話題と昔話の新解釈、殺人事件の謎解きと、1話で3つ楽しめます(笑)

昔の話題はわかるのもちょっと古すぎるのもあったけど
それなりに楽しめました。

昔話の新解釈はそれなりに面白かったけど・・・
途中でちょっと飽きちゃったかな?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。