スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 400冊目 シンメトリー 

JRTパパの本棚に1冊追加。

シンメトリー
4334925960
光文社 281頁




内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係に所属する刑事だ。主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。なりたくてなった刑事、三度の飯より捜査活動が好き、できれば派手な事件に挑みたい。そんな女だ。しかし、事件の真相と司法との間には、割り切れぬ闇も確実に存在して…。警察小説の愉しみに満ちた傑作。


感想
ボチボチ面白かったです。

姫川シリーズ第3弾。
短篇集。7作品あります。

誉田作品というとちょっとグロい描写の刺激の強い作品というイメージなんだけど、
今回はおとなしめのほんわか作品でした。

『右では殴らない』のラストが、(≧m≦)ぷっ! 良かったです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。