スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 408冊目 耳をふさいで夜を走る 

JRTパパの本棚に1冊追加。

耳をふさいで夜を走る
4198625409
徳間書店 315頁


内容(「BOOK」データベースより)
並木直俊は、決意した。三人の人間を殺す。完璧な準備を整え、自らには一切の嫌疑がかからないような殺害計画で。標的は、谷田部仁美、岸田麻理江、楠木幸。いずれ劣らぬ、若き美女たちである。倫理?命の尊さ?違う、そんな問題ではない。「破滅」を避けるためには、彼女たちを殺すしかない…!!しかし、計画に気づいたと思われる奥村あかねが、それを阻止しようと動いたことによって、事態は思わぬ方向に転がりはじめる…。本格ミステリーの気鋭が初めて挑んだ、戦慄の連続殺人ストーリー。


感想
なんじゃこりゃ?
連続殺人鬼の心理描写?
あまり気持ちい話ではないです。

面白いと言うよりは・・・
ラストまで読んで、ふ~~ん、自分も覚醒してたのね、
でも、もっと完璧な覚醒者がいたのね、納得( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん
って感じでした。

しかし、幸はどうやって死体を処理したんだろう??
考えたらゾッとします・・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。