スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 410冊目 還るべき場所 

JRTパパの本棚に1冊追加。

還るべき場所
4163271201
文藝春秋 486頁


内容紹介
スケールの大きな冒険小説で定評のある笹本稜平氏の新境地。登攀中に恋人を遭難で失った主人公・矢代翔平。過去の悲しみを乗り越えるため、登山ツアーのガイドとして「悲劇の現場」K2に再び戻ってきた。圧倒的な迫力で描く感動の山岳小説。



感想
面白かったです。
堪能できました。

ハラハラドキドキ、これでもかこれでもかと困難が押し寄せてきます。
笹本作品だから、最後にはハッピーエンドが待ってるはずと言い聞かせながら読んでました(笑)

山登りってカッコいいなあと思うけど、自分は絶対しないだろうな・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。