スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 442冊目 交錯 警視庁追跡捜査係 

JRTパパの本棚に1冊追加。


交錯―警視庁追跡捜査係
堂場 瞬一
4758434530
ハルキ文庫 414頁



内容(「BOOK」データベースより)
白昼の新宿で起きた連続殺傷事件―無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる。長篇警察小説シリーズ、待望の第一弾。


感想
面白かったです。

堂場警察小説ワールドの新シリーズになるかな?

沖田と西川の掛け合いが面白いです。

あまりに都合よすぎる偶然って気もするけど、
まあ良しとしましょう^^

シリーズ化するなら是非読んでみたい作品です。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。