スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 459冊目 白銀ジャック 

JRTパパの本棚に1冊追加。

白銀ジャック
東野 圭吾
4408550043
実業之日本社 412頁



内容(「BOOK」データベースより)
「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。



感想
う~~~ん?
これはほんとに東野圭吾作品なのか?
テンポがあって、それなりに楽しめるんだけど・・
なんか腑に落ちないぞ・・・・

面白いというレベルまではいかなかったぞ。

中途半端・・・そう、なんか軽すぎて中途半端・・・


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。