スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 469冊目 凍土の密約 

JRTパパの本棚に1冊追加。


凍土の密約
今野 敏
416328480X
文藝春秋 325頁


内容(「BOOK」データベースより)
赤坂で殺人事件発生―被害者は右翼団体に所属する男。警視庁公安部の倉島は、なぜか特捜本部に呼ばれる。二日後、今度は暴力団構成員が殺された。さらに、第3、第4の事件が…。殺人者はプロ、鍵はロシア。倉島が、敵に挑む―。



感想
面白かったです。

手に汗握る展開でした。
こういうスカッとする話はいいね!

しかしロシアって奴は・・・
フィクションだかノンフィクションだかようわからんよ・・

って、この話って倉島警部補シリーズ第3弾らしいじゃない(知らなかった)
ヴィクトルがどうのこうのって書いてあったから、
どっかで説明が入るのかと思ってたら、前作があったのね。
早速借りねば^^




この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。