スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 472冊目 曙光の街 

JRTパパの本棚に1冊追加。


曙光の街
今野 敏
4163205608
文藝春秋 325頁



内容(「BOOK」データベースより)
元KGBの殺し屋・ヴィクトルが日本に潜入した!標的は赤坂で勢力を伸ばすヤクザ組長。迎え撃つは、プロ野球生活に挫折して組幹部になった兵藤と情報収集に単調な日々を送っていた警視庁公安部・倉島警部補。三人の男が緊迫した戦いの果てに見いだしたものは―。男たちの挫折と再生を描くネオ・アクションノヴェル誕生。


感想
この間読んだ『凍土の密約』の倉島警部補シリーズ第1弾。
早速図書館で借りてきました。

面白かったです。
第3弾を読んだばっかりだったので
登場人物のつながりもまだ覚えていて(笑)
存分に楽しめました。

ヴィクトル、かっこよすぎるぞ・・・


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。