スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 479冊目 策謀 警視庁追跡捜査係 

JRTパパの本棚に1冊追加。


策謀  (警視庁追跡捜査係)
堂場瞬一
4758435200
ハルキ文庫 418頁


内容(「BOOK」データベースより)
五年前、渋谷で殺人を犯し、国際手配されていた船田透が突如帰国するとの情報が、追跡捜査係の西川大和の許に入った。逮捕されると分かりながら、なぜ船田は帰国するのか?無事逮捕できたものの、黙秘を続ける船田の態度に西川は不審を抱くのだった―。一方、五年前のビル放火事件の洗い直しを続ける沖田大輝は、犯行の動機に疑問を感じていた。細い手掛かりを求め奔走する沖田。やがて、それぞれの事件は、時を経て再び動き始める―。書き下ろし長篇警察小説。



感想
追跡捜査係シリーズ第2弾。

そこそこ面白かったです。
西川と沖田のキャラがだんだん似通ってきました。

今回、殺人の動機はまだしも、帰国の動機にはちょっと?
まあ、そういう絆もアリと言われればそれまでなんだけどね。

次作あたりで沖田の恋も決着するのかナ?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。