FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 483冊目 波紋 警視庁失踪課・高城賢吾 

JRTパパの本棚に1冊追加。


波紋―警視庁失踪課・高城賢吾
堂場 瞬一
4122054354
中公文庫 469頁


内容(「BOOK」データベースより
ある事件で昇進の道を絶たれた阿比留は、法月の異動を止めようとせず、失踪課内部には亀裂が広がりつつあった。腐る高城に法月は五年前に交通事故現場から消えた男に関する事件の解決を託す。高城の調査が始まった直後、男が勤めていた会社で爆発事件が発生。犯行声明には失踪した男の署名が記されていた。


感想
面白かったです。
失踪課シリーズもはや第6弾。
今回もなかなか癖のある事件でした。

次巻から遂に娘の捜索に入るのね・・
新しい年上部下との絡みも一筋縄ではいかないようで・・・

『時は来た。』   ・・・のか?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。