スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 485冊目 あの頃の誰か 

JRTパパの本棚に1冊追加。


あの頃の誰か
東野 圭吾
433474897X
光文社文庫 322頁



内容
メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。
あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。
時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。
東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。
名作『秘密』の原型となった「さよなら『お父さん』」ほか全8篇収録



感想
短編集。

いろいろあって書籍として日の目を見てない作品たち。
8作品あります。

『秘密』の原型、「さよなら『お父さん』」がよかったです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。