スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 492冊目 夜の終焉(上) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

夜の終焉 上
堂場 瞬一
4120040682
中央公論社 347頁



内容(「BOOK」データベースより)
父母を殺されたうえにいわれなき中傷を受けた真野亮介は、故郷・汐灘を捨て、深夜営業の喫茶店を営んでいた。ある早朝、店を訪れた少女が事故に遭い、意識不明に。彼女が携えていた地図を頼りに彼は二十年ぶりに、汐灘に向かう。


感想
汐灘サーガ第3弾。って言っても続いてるわけじゃないけど・・

なんかどんよりと暗い雰囲気だなぁ。
堂場ワールド全開ってとこかな?
まあ、嫌いじゃないです。

今回なんと失踪課の高城も出てきます うふ♪(* ̄ー ̄)v
こういう繋がり、好きだなぁ~(^^)

なんとなく話の輪郭が見えてきたぞ、
さあ下巻に突入だ!
といっても、まだ図書館から届いてないんだけど・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。