スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 496冊目 インビジブルレイン 

JRTパパの本棚に1冊追加。


インビジブルレイン
誉田 哲也
4334926886
光文社 454頁


内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子が新しく捜査本部に加わることになったのは、ひとりのチンピラの惨殺事件。被害者が指定暴力団の下部組織構成員だったことから、組同士の抗争が疑われたが、決定的な証拠が出ず、捜査は膠着状態に。そんななか、玲子たちは、上層部から奇妙な指示を受ける。捜査線上に「柳井健斗」という名前が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだが…。幾重にも隠蔽され、複雑に絡まった事件。姫川玲子は、この結末に耐えられるのか。


感想

面白かったです。
姫川シリーズ最新刊。

おいおい玲子ちゃん、なんで恋に落ちちゃうの?
ってのが一番の感想かな?
姫川ってこんなキャラだったっけ?
普通、ありえんやに?

支店に飛ばされて次回からは新シリーズか?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。