スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 17冊目 そして誰もいなくなった 

JRTパパの本棚に1冊追加。

『そして誰もいなくなった』
そして誰もいなくなった
アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫 363頁


内容(「BOOK」データベースより)
さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして童謡のとおりに、一人また一人と…ミステリの女王の最高傑作。


感想
言わずと知れたアガサクリスティの名作。
今回初めて読みました(遅っ)

さすが名作と言われるだけあってすばらしいものでした。
多いに堪能できました。
とても半世紀以上も前に書かれたものとは思えません。脱帽です。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。