スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 509冊目 Nのために 

JRTパパの本棚に1冊追加。

Nのために
湊 かなえ
4488024556
東京創元社 245頁


内容(「BOOK」データベースより)
「N」と出会う時、悲劇は起こる―。大学一年生の秋、杉下希美は運命的な出会いをする。台風による床上浸水がきっかけで、同じアパートの安藤望・西崎真人と親しくなったのだ。努力家の安藤と、小説家志望の西崎。それぞれにトラウマと屈折があり、夢を抱く三人は、やがてある計画に手を染めた。すべては「N」のために―。タワーマンションで起きた悲劇的な殺人事件。そして、その真実をモノローグ形式で抒情的に解き明かす、著者渾身の連作長編。『告白』『少女』『贖罪』に続く、新たなるステージ。


感想
ぼちぼち、面白かったかな?

インタビュー形式で事件を振り返る方式だと、宮部さんの『理由』とか、恩田さんの『Q&A』とかが思い浮かぶけど、それらと比べたら・・・・

10年後という第2章にも期待したんだけど、よく読むと第2章は当時のそれぞれの立場での展開で10年後は関係なかった・・・

まあ、一番驚いたのは安藤が男だったってことかな?(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。