スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 518冊目 真夏の方程式 

JRTパパの本棚に1冊追加。

真夏の方程式
東野 圭吾
416380580X
文藝春秋 413頁


内容(「BOOK」データベースより)
夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。



感想
面白かったです。
ガリレオシリーズ。
「容疑者X~」と同じような愛の形。
見方を変えれば「容疑者~」より一歩踏み込んだ世界かな?

成実の心情がちょっと弱いかな?
もう少し書いてくれてもいいんじゃない?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。