スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 520冊目 マドンナ・ヴェルデ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

マドンナ・ヴェルデ
海堂 尊
4103065729
新潮社 277頁


内容(「BOOK」データベースより)
「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは、実の孫。奇妙な状況を受け入れたみどりの胸に、やがて疑念が芽生えはじめる。「今の社会のルールでは代理母が本当の母親で、それはこのあたし」。


感想
『ジーン・ワルツ』と対で、『医学のたまご』の主人公「薫」が生まれる時の話。
『ジーン・ワルツ』では理恵が中心だったけどこちらではみどりが中心。
交互に読むとさらに面白かったかもね。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。