スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 21冊目 天啓の殺意 

JRTパパの本棚に1冊追加。

『天啓の殺意』
天啓の殺意
中町 信 著 創元推理文庫 336頁


内容(「BOOK」データベースより)
柳生照彦から持ち込まれた犯人当てリレー小説―柳生の問題編に対し、タレント作家の尾道由起子に解決編を書いてもらい、その後に自分の解決編を載せる。要するに作家同士の知恵比べをしよう―という企画は順調に進行するかに見えたが…。問題編を渡したまま、柳生は逗留先から姿を消し、しかもその小説は半年前の実在事件を赤裸々に綴ったものだった。全面改稿決定版。



感想
堪能できました。
「模倣の殺意」に続いて今回もまた著者のトリックにまんまとはめられてしまいました。
叙述トリックという手法だそうです。
どうしても錯覚をしてしう・・・
読み返してみるとヒントはいっぱい出てるんだけど・・・

完敗です。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。