スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 524冊目 ロスト・シンボル(下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ロスト・シンボル 下
ダン・ブラウン 越前 敏弥
4047916242
角川書店 350頁



感想
ボチボチ面白かったです。

ちょっと途中でダレちゃったかな?
意外な展開にはちょっとびっくりしたけどね。

聖書は・・・読んだことないなぁ・・

本棚に追加 523冊目 ロスト・シンボル(上) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ロスト・シンボル 上
ダン・ブラウン 越前 敏弥
4047916234
角川書店 351頁


内容紹介
発売2ヶ月で全世界1000万部突破!待望のラングドン・シリーズ第3弾!

キリストの聖杯をめぐる事件から数年が経ち、ハーヴァード大で教鞭を執る静かな生活を送っていたラングドンに、旧友から連絡が入る。フリーメイソン最高位の資格を持つスミソニアン協会会長ピーター・ソロモンからで、急遽講演の代役を頼みたいという。会場である連邦議会議事堂に駆けつけるが、そこにピーターの姿はなく、切断された右手首が……薬指には見覚えのある金の指輪。フリーメイソンの紋章をあしらったその指輪は、ピーターのものに間違いない。ピーターを人質に取ったというマラーク(悪霊)と名乗る謎の男は、ラングドンに“古の門”を探せと命じる。ピーターの右手の指先に施された独特の刺青が“古の門”の先にある“古の神秘”を指し示す図像であることにラングドンは気付く。誘拐犯マラークの目的は、この恐るべき力を持つとされる“古の秘密”を手に入れることにあるのは明らかだった。ラングドンは駆けつけたCIA警備局長サトウと共に、まずは、“古の門”の捜索に乗り出すのだが……。


感想
まあ、面白かったです。
今回はフリーメイソン・・・
ラングドンも大変だねぇ

ハラハラドキドキの展開はいつものことで、
結局最後は大丈夫なんだろう?と思いつつも
ついついのめり込んじゃいます(^^)

本棚に追加 522冊目 攪乱者 

JRTパパの本棚に1冊追加。

攪乱者 (ジョイ・ノベルス)
石持 浅海
440850520X
実業之日本社 256頁


内容(「BOOK」データベースより)
コードネーム『久米』『輪島』『宮古』のテロリスト三人。彼らは一般人の仮面をかぶりながら、政府転覆をめざすテロ組織の一員である。組織は、暴力や流血によらない方法で現政府への不信感を国民に抱かせようとしていた。彼らに下された任務は、組織が用意したレモン三個をスーパーのレモン売り場に置いてくるなど、一見奇妙なものであった。任務の真の目的とは何か。優秀な三人の遂行ぶりが引き起こす思わぬ結果とは。テロ組織の正体は。そして彼らの運命を翻弄していく第四の人物の正体は―。


感想
面白かったです。

ちょっと意外なラストだったけど、結局テロリストは非情ってことなんだよね。

でもなんか作者の意図するところが解らなかった・・

本棚に追加 521冊目 ST 警視庁科学捜査班 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ST警視庁科学特捜班
今野 敏
4062732068
講談社文庫 280頁


内容(「BOOK」データベースより)
多様化する現代犯罪に対応するため新設された警視庁科学特捜班、略称ST。繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。痛快無比エンタテインメントの真骨頂。


感想
面白かったです。
今回、電子書籍版を読みました。

シリーズ物みたいですね。
色々訳ありそうなメンバーが難事件を解決していくという
非常にベタな感じですが、おいら的にはこういうの大好きです(^^)
さあ、どんどん読んで行こう!

本棚に追加 520冊目 マドンナ・ヴェルデ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

マドンナ・ヴェルデ
海堂 尊
4103065729
新潮社 277頁


内容(「BOOK」データベースより)
「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは、実の孫。奇妙な状況を受け入れたみどりの胸に、やがて疑念が芽生えはじめる。「今の社会のルールでは代理母が本当の母親で、それはこのあたし」。


感想
『ジーン・ワルツ』と対で、『医学のたまご』の主人公「薫」が生まれる時の話。
『ジーン・ワルツ』では理恵が中心だったけどこちらではみどりが中心。
交互に読むとさらに面白かったかもね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。